碧眼

e0163046_7134573.jpg

e0163046_7134512.jpg

岸壁に立ち
降る雨に打つ波を眺めていた。
あなたに会いたい。

碧眼の神は優しく微笑む。

変わらないでいてほしいと、その優しい眼差しは言っていた。

歩いていく道のりはすでに残りわずかと気付いているから。

あなたに会いたい。

待っていてくれるだろうか。

あの岸壁に打つ波のように
降る雨のように
叱ってくれるだろうか…
立ち尽くす僕の背中を
そっと押してくれるだろうか…
[PR]
by nakasone-shokudo | 2011-12-09 07:13
<< テクテクな日曜日 サワーシの白と青 >>