<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

フラメンコギター

e0163046_7325.jpg

e0163046_7328.jpg

タヌキ猫…金曜日
トド氏とフラメンコギターのコンサートへテクテク。
倉敷芸文館へテクテクだ。

秋の夜にラテンの音色。
踊りと歌とギター。

スペイン!
人生の基本的姿勢が前向きで情熱的なお国柄。
元気をもらうには最高かも。
クラッシックギターだと思っていたが、違っていた。姿形は近いが造りが固いし丈夫だとか。

日本人にはないラテン気質。
いいね、いいね、
凹んだ時は良いね。
ありがとうトドさん!

あ、でも徳島はラテンだね。
阿波おどりはラテンだ…
徳島の友人は何だか熱いし。
酒も豪快だし、明るいし、スパニッシュだ。

秋にフラメコギターは良いかも。
[PR]
by nakasone-shokudo | 2011-10-09 07:03

秋の味覚

e0163046_20432538.jpg

e0163046_20432522.jpg

仲宗根食堂の秋。
沢山、栗を頂いたタヌキ猫は、渋皮煮をつくることにした。
作ったことがないが、とりあえず大丈夫かな…のタヌキ。

毎年、10月半ば過ぎて栗きんとんを作っていたが、今年は思わぬ嬉しさ。
重曹で煮て灰汁をだす。
ひたすら煮る。
砂糖控えめに最後に火を止めて
アプリコットブランデーを。

あまり甘くないから好評だった。日持ちがしないのが残念だが、
秋の味覚は嬉しいね。

栗をくれた白リスさんに渋皮煮は好評だった。
良かったと尻尾を撫で下ろす!

次回はメニューに載せたいね。

タヌキの秋の夜は更けてゆく。
[PR]
by nakasone-shokudo | 2011-10-06 20:43

工房『壹』の急須

e0163046_11553851.jpg

壹岐幸二さんのマカイを手にしてからの長年の願いが叶う。

壹岐さんの急須。

タヌキ猫んチの新しい急須。

壺屋の古典柄は、ぽってり丸い円形の形と彩合いに優しさがある。
さんぴん茶が合いそうな急須。
なんだかタヌキ猫に似ている…
体のカタチ。

琉球王朝で使われていたという。

タヌキ父から頂いた、備前焼の急須しかなかったからね。

壹岐さんと小泊さんの色彩の違う2つの(急須)が揃い、
賑やかになった仲宗根食堂。

菓子器は琉球漆器といきたいタヌキだけど…まだまだ先かな。

磁器が好きだが、やっぱり土は良いね。暖かい。

仲宗根食堂の新しい急須に、さんぴん茶&ハイビスカス茶。

秋の風がヒンヤリする頃…
温かいお茶を楽しむには最高。

ちょっぴり落ち込みのタヌキ猫。酒の席でかなり暴れたタヌキ…
飲んではいけないのに2杯呑み。
少しの酒しか飲まずして大暴れ…
反省反省、反省している。
温かなお茶で流そうかなぁ
[PR]
by nakasone-shokudo | 2011-10-02 11:55

仲宗根の新しいポット

e0163046_10425525.jpg

e0163046_10425662.jpg

小泊さんのポットがやって来た。
暖かい土の感じ。
タヌキ猫は何だか嬉しくなってしまった。
これは珈琲のために…
温かな、ほうじ茶にもいいね。

カップ(皿なし)は注文。

出して頂いた、
暖かい『さんぴん茶』注がれていたカップはサンドイエロー。

タヌキは惚れたわけさぁ〜。

ちょっぴり嬉しい時間が訪れる。やっぱり『幸せ』は
こんなところにあるんだなぁ〜。
[PR]
by nakasone-shokudo | 2011-10-01 10:42